【血と灰の女王】最新話ネタバレ!102話「光の体現者」(後編)

■【血と灰の女王】
スポンサーリンク
管理人のフク
管理人のフク

【血と灰の女王ネタバレ102話(前編)】ではドミノの新たな一手が「象場」と「海老湖」の能力であったと判明しましたよね。

 

漫画好き
漫画好き

そうでしたね。

でも、二人の能力で壁を作ったのはいいですがドミノにはどんな狙いがあってやったのでしょうかね?

 

管理人のフク
管理人のフク

そこは気になるとこですよね。

また、今回はついに日ノ元の変身体がついに登場するみたいなんです!

 

漫画好き
漫画好き

それは気になりますね!!

 

管理人のフク
管理人のフク

それでは、

 

【血と灰の女王】最新話ネタバレ!102話「光の体現者」(後編)

 

管理人のフク
管理人のフク

行ってみましょう!

 

次の話今回前の話
【103話】<【102話②】>【102話①】

 

スポンサーリンク

【血と灰の女王】最新話ネタバレ!102話「光の体現者」(後編)

 

ここでは【血と灰の女王】を文字だけで紹介していきますが、文章だけじゃなくて

 

絵付き“で血と灰の女王が読みたい!

過去の話を”振り返る“時に不便!

 

って人はU-NEXTで最新刊が”お得“に読めますので、ご活用いただければと思います。

 

\好きな漫画の単行本が無料!/


U-NEXTなら電子書籍・映像作品がお得に気軽に楽しめる!

 

「U-NEXT」の良さについての詳細はコチラ↓↓

 

【血と灰の女王】最新話ネタバレ!102話(後編) 「ドミノの狙い」

 

ドミノの索敵の方法としては「反響定位」。自分で出した超音波の反響で周囲の状況を感知してる。

 

現在燦然党の「風見」がチャフでドミノの索敵を妨げている。

 

風見のチャフの原理は、蝶々や蛾などがコウモリなどから逃げるときに使っている物と同じ原理を使っている。
要するに、ドミノの超音波をチャフで反響させずに索敵できないようにしている。

 

しかし、ドミノは田園調布での戦いですでにこの原理を看破していた。

 

 

その対策として今回の新たな一手であるドーム型のである。

 

このドーム型の壁を作ることでドミノの超音波が跳ね返り無数に反響し、つまり索敵力が格段にアップするのである。

 

ドミノはこの一手で風見のチャフを攻略、しかしドミノ側にも難がないわけではなかった。

スポンサーリンク

【血と灰の女王】最新話ネタバレ!102話(後編) 「燦然党のキレ者」

 

風間のチャフを「壁」で攻略して状況が優位になると思いきやそこには燦然党のキレ者が立ちふさがる!

 

その人物の正体は「日ノ元 軍司」

 

 

軍司は象場と海老湖が壁を作った瞬間に飛び込んできてその壁を壊し出したのである。さすがにこれでは壁は維持し続けることはできない。

 

その映像を見ていたユーベンと火防は、

ユーベン
「あの男に索敵能力などなかったはずだが、、、」

火防
「直感で察したんじゃないですか、、、 たまにいますよこういう奴は。」

 

 

火防
「やっぱこいつは格が違うな、、、 飛び道具を持っていないにしても放置するには危険すぎる、、、  だが、対処に割ける人員もいねぇ、、、」

 

 

軍司の行動に計算を崩されたドミノの新たな一手、、、。

 

象場
「能力解除だ! 民間人には変が当たる!」

海老湖
「御膳立てはしたぜ! ミスんじゃねぇぞ!! ドミノさんよぉ!!!」

スポンサーリンク

【血と灰の女王】最新話ネタバレ!102話(後編) 「ドミノ索敵開始!」

 

軍事による壁の阻止がありましたがドミノは作戦通りに索敵を開始。

 

しかし燦然党も簡単には索敵をさせてはくれない。

 

「日ノ元  玄ノ進」を使い日ノ元士郎に周辺を木々で隙間なく隠蔽する。 同時に風見によるチャフも発動、ドミノの索敵を妨げるには十分である。

 

日ノ元 玄ノ進

能力:接続
効果:生成した鏡面上で物質を通行させることができる。

 

ここでドミノが索敵に費やせた時間はわずか数秒、、、。

 

 

だが、真祖ドミノは人外の存在でヴァンパイアの頂点である。

真祖についてはコチラ↓↓

 

 

いかに隠蔽しようが、並のヴァンパイアが作り出した隠蔽など子供の工作に等しい。また、ドミノはそのお粗末さに苛立ちすら覚えるほどであった。

 

索敵を開始し補足するまでに要する時間は一瞬であった!!

 

ドミノ
「そこか。」

スポンサーリンク

【血と灰の女王】最新話ネタバレ!102話(後編) 「日ノ元変身体登場!!」

 

ドミノの神がかった索敵能力でついに日ノ元士郎を発見!

 

ドミノ
「こうやって顔を合わすのは箱根以来ね。 日ノ元 士郎。」

「あら、まだ変身していなかったの。 ナメたマネしてくれるじゃない。」

 

 

そこに眩い光を発しながら日ノ元士郎の変身体が登場。

 

日ノ元士郎
「フハハハハ! 眩しかろう我うつし身は。」

 

日ノ元士郎の能力についてはコチラ↓↓

 

日ノ元士郎の変身体はやはり骸骨系の風貌であり、光眩く。

 

日ノ元士郎
「ドミノ・サザーランド。 貴様にふさわしい光をくれてやる。 燦然とな!

と言うのであった。

 

次の話今回前の話
【103話】<【102話②】>【102話①】

 

スポンサーリンク

【血と灰の女王】最新話ネタバレ!102話「光の体現者」(後編)まとめ

 

今回は「【血と灰の女王】最新話ネタバレ!102話「光の体現者」(後編)」と言うお題で進めていきましたがいかがでしたでしょうか?

 

ついに日ノ元士郎が変身体となって登場しましたね。これからドミノと日ノ元の激戦が繰り広げられるのは必至ですね!

 

また、軍司と火防も何やら激突しそうな雰囲気しますがどうなるのでしょうかね?考え出したら気になって仕方がありません。

 

次回【血と灰に女王103話】月24日に更新されるので更新され次第アップしますのでお楽しみに!!

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました