【プラチナエンド】ネタバレ最新43話!「米田教授の真意」考察・感想まとめ

【プラチナエンド】
スポンサーリンク
管理人のフク
管理人のフク

神候補の最後の人物はノーベル賞を取った天才である米田教授

 

 

漫画好き
漫画好き

米田教授とは話し合いはまとまらず、今後の展開は不明な感じですね。

 

管理人のフク
管理人のフク

米田教授の説得に協力を申し出た
米田教授と星は元同級生で、米田教授の人を不快にさせたくないと言う思考持っていたことが知らされました。

 

漫画好き
漫画好き

一方世論は神について議論が続く中、米田教授は慕ってついてきた中海に己の真意を語り始めましたが一体どうなっていくのでしょうか!?

スポンサーリンク

【プラチナエンド】ネタバレ最新43話! 「ネタバレとあらすじ」

 

「人間の死後はまだ解明されていない」
「だから私は死んでみたかったのだよ」
と語った米田教授。

更に
「神として死後を知り、人に伝えられるなら喜んで神に立候補しただろう」
と中海に伝えました。

 

それを聞き中海は
「さすが博士、考え方が僕なんかとは全然違う」
と米田教授を改めて尊敬した様子です。

中海は自殺して天国や地獄が有ったらどうなるのか怖いとの事。
それに対し、米田教授は天国や地獄はないと言い切ります。

 

「この世には偽の神はいても神はいないのだから」
と言った米田教授。

スポンサーリンク

しかし、中海は
「天使が死んだ人間の魂を運んでいくのを見ました」
「あれじゃあ、あの世があるかのようで」
と何か不安そうでした。

 

しかし、
「それは偽りの神が私たちにもいせている幻想だ」
と米田教授は言い切りました。

 

その後、網で釣った魚を焚き木で焼きながら、米田教授は天使のムニから聞いた話を思い返しています。

全ての神・天界・天使は偽りとの事。
そして
「ムニに出会ったとき、私は自分を見失っていた」
と米田教授は自分の昔話を話し始めました。

 

「芥川賞ノミネートを辞退された理由は?」
「速報です。 党京大学米田我工教授がノーベル物理学賞を受賞しました」
「米田教授若くして、名誉教授になられたご感想を」
「テレビ主演と講演の日程ですが」
と様々な称賛や批判、などで神経をすり減らしていく米田教授。
精神薬を飲み始めている描写有り

スポンサーリンク

その後も
「研究に没頭されるなら、山荘ならいかがでしょうか?」
「今日は資産運用の良い話がありましてね~」
との勧誘や

「先生も、一杯くらいならいけるんでしょう?」
「せんせー、今日の講義で質問があるんですけど」
「行っていいですか~?」
との付き合い。

 

「いいよなノーベル賞様は連日華やかで」
「俺達は出世するために必死にゴマすってるっていうのにな」
と言うねたみ等も続き、米田教授の精神は限界に来ていました。

スポンサーリンク

洗面所で大量の精神薬を飲む米田教授

しかし、そのま吐いてしまい、米田教授は憔悴しきっており、素数口ずさみながらノーベル賞を取ったことを後悔。

更にひっきりなしにやってくる、メディアへの出演、講演会や晩餐会。
そして、妬みなどから嘘がニュースにされていく事に地獄を感じていました。

 

一人で生きていきたいも、それでいいのか自問自答している米田教授。
研究だけをしたい葛藤に悩まされながら前を見ると、鏡には怪物のような自分の姿が映っていました。

 

そして、遺書を書き大量の薬を飲み自殺をしようとした米田教授。

私はこの日を待ちわびていたかもしれないこれは素晴らしいことだ死後を確かめられるのだから

と考えていました。。
しかしそこに天使のムニが現れたのです。

スポンサーリンク

始めはムニを信じていなかった米田教授。
死ぬ前の脳内物質からくる幻覚だと考えていました。
そして話し始めた二人。

 

「私は人間の死の先は何なのか知りたい」
と憔悴しきった顔で言う米田教授に
「あなたならいつかそれにたどり着ける、すべての真実に…」
とムニは言い返しました。

 

米田教授は
「真実…」
と半信半疑ながらも興味を覚え、その後も2か月間ムニと会話を続けていきました。

 

その間に明日たちの戦いが起こっており、世の中に神のいない真実を知らせようとした米田教授。

スポンサーリンク

その為、偽りの神に味方し、天使の神選びの裏で糸を引いている天使の存在を疑いました。

中海についている天使である闇の天使オガロに
「特別な力を持つ天使はお前か? それとも別の天使か?」
と聞くも、オガロは答えません。

 

米田教授は答えなければすぐに白の矢を刺す。との脅しをオガロに使い脅迫します。

それに対しオガロは
「条件がある、結糸向から譲り受けた白の矢を私の神候補に渡せ」
と条件を出しました。

 

中海には赤の矢が刺さっている為、米田教授には悪くない条件。
米田教授は疑問に思い
「自分が少しでも生き残る為か?」
とオガロに聞きます。

 

それに対しオガロは
「私が期待しているのは、架橋明日だ」
と言ったのです。

スポンサーリンク

【プラチナエンド】ネタバレ最新43話! 「感想と考察」

 

管理人のフク
管理人のフク

今回43話で米田教授の考えの元になった過去が分かってきましたが、天才ゆえの苦悩なのは分かりますが、ちょっと純粋で考えすぎに感じたのは私だけでしょうか?

漫画好き
漫画好き

確かにそんな気がしましたね。

 

管理人のフク
管理人のフク

また、破壊の神であるムニ米田博士をそそのかしているようにも感じ、神がいないと言い切るのもちょっと極端にも感じました。

漫画好き
漫画好き

米田教授の話はしっかり筋は通っているので本当でもおかしくありませんが…。

 

管理人のフク
管理人のフク

とりあえず、米田教授は神候補をすべて殺すつもりのようです。
正直、戦いの前に米田教授と明日の話し合いを見てみたいですが、神候補を拘束したり暗殺しようとしている動きもありその機会はあるのでしょうか?

 

【プラチナエンド】ネタバレ最新43話!「米田教授の真意」考察・感想まとめ

 

次回44話で米田教授の答えはどうなっていくのでしょうか?気になる所ですよね。

なにやらオガロの考えにも裏が有りそうなのでこの争いはもう一波乱ありそうですね。
一体どうなっていくのか!?次のプラチナエンドの内容が非常に楽しみですね。

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました