キングダム最強はやはり六大将軍の王騎なのか?

【キングダム】

キングダムって武将がかなり多く出てきますし、その中でも「攻撃型」と「知略型」の戦い方をするキャラクターがいますよね。100人以上ものキャラクターがいますので戦い方も様々です。

そんな中そもそも誰が一番強いの?って気になってしまうのがキングダムの魅力の一つでしょう。六大将軍の王騎が一番強いという人が多い中、本当に六大将軍の王騎が一番最強なのか?気になったので今回は

『キングダム最強はやはり六大将軍の王騎なのか?』

というお題で最強順にランキング方式で進めていきたいとおもいます。
果たして最強と言われている「六大将軍王騎」の順位はどこなのか!?

キングダム最強ランキングベスト7!!

第7位 王家の御曹司なのに努力! 『王賁』(おうほん)

王翦の息子で名門王家の御曹司である『王賁』(おうほん)が7位になります。


名門王家の御曹司でありながら努力を惜しまず、槍の練習をしている姿が印象的です。その腕前はといいますとなんと、中華全域でも指折りの実力なんです。

ランクイン理由ですが、

著雍(ちょよう)争奪戦で、魏火龍七将の紫伯(しはく)と槍で抗戦して、一時期重傷を負ってしまい敗れますが、それから3日連続で紫伯(しはく)に戦いを挑み続け、最後の3日目に紫伯を討ち取ります。

この王賁の手柄で著雍争奪戦は秦が優勢を極め、評価されて王賁は五千人将に昇格します。

王賁の大手柄は紫伯を打ち取っただけなので微妙かもしれませんが、将来性をかってのランクインにしてみました。

第6位 元王騎軍のNo.2!『騰』


理由はといいますと、
楚の将軍臨武君をものともせずに難なくたおしてしまうほどの実力者。
キングダムの中で「毒舌を吐いたり、ポーカーフェイスで冗談」などのお茶目な一面があるのもポイントが高かったですね、ww

実力は相当ですし大将軍に任命されて次の『新六将』候補に上がるほどの存在ですのでランクインしました。

第5位 山の民の王! 『楊端和』


女性でありながら山の民の王である『楊端和』が5位にランクイン!

理由はといいますと、

見た目からは想像できないが凶暴で有名な山の民を束ねて秦王政の天下統一に協力しています。連合軍の勢いに圧倒されて苦戦する秦の軍勢に力を貸し、山の民を引き連れて戦いました。この楊端和の参加は実質的に連合軍の敗北を決定づける要因となった。

遼陽城で、公孫龍(こうそんりゅう)の九万人の軍勢を五万人で圧倒するなど大きな存在感!!

第4位 緻密な戦略を練るのがうまい! 『王翦』


勝てる戦にしか興味がないという男『王翦』が4位にランクインしました。

その理由は、
やはり知略、戦略のすごさですね。本人が「勝てる戦にしか興味がない」というだけあって戦では優勢状態でいどみます。勝率のよさで存在感抜群!!

第3位 最強の武人と言われている 『蒙武』

蒙武が第3位にランクイン!まだまだ六大将軍の王騎出てきませんね。

その理由は、
やはり自らも「中華最強」と名乗っているだけあって武力の凄さですね。この蒙武ですが守備の固さにはかなり定評がある「守備の李白」を武力だけでやぶってしまうほどの武将。ほかにも楚軍の総大将汗明(かんめい)と一騎打ちになり、汗明の頭を武器で叩き潰して勝利しましたほどの男

第2位 趙の三大天の一人 『龐煖』(ほうけん


六大将軍の王騎2位にも入ってきてませんね。第2位は趙の三大天の一人 『龐煖』がランクイン!
理由は、
このキングダムの作品の中で「ラスボス」ではないかとも言っている人も多い。有名な将軍を倒している。
「最強と謳われた秦国六大将軍の摎」「憤怒の王騎」「麃公将軍」などなど名だたる将軍を撃破する人物。強さにだけ興味があるような男で個人の強さはやばいです。

第1位 怪鳥と呼ばれる男! 『王騎』


ついに出てきましたね王騎将軍!第1位にランクイン!
理由は、
圧倒的な武力、冷静に戦いを見極めて練り上げる戦略、知略、どれをとっても最強武将といえる。戦いばかりではなく、兵士や部下仲間みんなに気配りができる思いやりのある人物でもあります。
今は亡き人になりましたが、さいごの「自分の矛を信に託して息を引き取る」シーンは泣けます。

まとめ

今回は『キングダム最強はやはり六大将軍の王騎なのか?』というお題ですすめていきましたがいかがでしたでしょうか?

なんだ、やっぱり王騎が最強なのかと思われるかもしれませんが、このキングダムにおける存在感影響力を考えたらやはり王騎が最強なのは妥当だと思いますよ。

王騎のファンの人も結構いますし愛されるキャラクターですね。

今後のキングダムの動向にも注目していきたいですね。お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました