【キングダム】最新話ネタバレ620話「武神の咆哮」感想と考察

【キングダム】
スポンサーリンク

 

管理人のフク
管理人のフク

激しい戦いが続く朱海平原の戦い
様々な激しい戦いを繰り広げながらも、ついに飛信隊は李牧の元へ辿り着きました。

 

漫画好き
漫画好き

しかし、その前に突如巨大な矛が現れましたよね。

 

管理人のフク
管理人のフク

そうですね、それによって飛信隊の100人将去亥がその刃に倒れました。

矛の中心には、恐らく趙の三大天である龐煖がいます。

 

漫画好き
漫画好き

その事実や気配に反応する信と羌瘣

信と羌瘣の龐煖との因縁の戦いと朱海平原の戦いの行方はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

【キングダム】最新話620「武神の咆哮」ネタバレ

キングダム最新620ネタバレ「王翦の脱出」

 

その頃、急襲された本陣を脱出する王翦。その側には王賁や蒙恬の姿も見られます。

 

王翦は前方の敵を突破し、田里弥軍へ合流しようとし進みます。
それに対し、趙軍将軍傅抵の追撃が見られるも、蒙恬が迎え撃ちました。

 

そして、そこからは李牧本陣が追い詰められているのが分かります。

特に飛信隊が攻めている右側の砂煙が一番李牧に近い状況に。
王賁や蒙恬は、信の活躍を感じ李牧を討つように願ったのでした。

スポンサーリンク

キングダム最新620ネタバレ「龐煖の脅威」

 

その頃、龐煖が突如飛信隊の前に立ちはだかりました。その表情は凄まじく、龐煖の叫びで近くの軍馬が暴れだし遠くの兵まで恐れさせるほどでした。

 

同時期、遠くで戦っていた古参の兵である尾平。
自分自身も震えながら、龐煖の存在を感じ

「行きたくないけど、行かねえと」

涙を流しながら、信を助ける為に龐煖の元へ向かっていきました。

 

龐煖のすさまじさは丘の上の李牧達も感じています。
それは仲間も驚かせる内容でしたが李牧のみが、

「武神龐煖です」

と冷静に眺めていたのです。

 

そして龐煖の元には、主の仇である麃公軍の残党が殺到します。
しかし、全て龐煖によって真っ二つに切り伏せられる状態に。
岳雷や我呂は、それを見てもひるまず同じく突撃しようとしました。

スポンサーリンク

キングダム最新620ネタバレ「羌瘣の登場」

 

その戦場に突如
トーン、タン、タン
という音が戦場に響き渡ります。

龐煖は何かを感じ矛をふるうも、空振り。
己の腕が何者かによって切られてしまっています。

 

そこに現れたのは羌瘣
龐煖に切りかかっているも、その眼は虚ろで通常ではない様子です。

羌瘣は龐煖の攻撃を避けた後、

「まだ足りない、もっと早く、もっと深く」

と何かを念じていました。

 

更に、

「ごめん力穂、命を貸して」

と念じています。
その眼は充血しており、周りの風景暗くなっています。

 

そして、また龐煖の攻撃を避け、切りかかった羌瘣。
信が来る前にお前を仕留める
と言う覚悟を持って、龐煖と戦っていたのです。

スポンサーリンク

【キングダム】最新話620ネタバレ「武神の咆哮」感想

 

ついに龐煖が登場しました。

その様子は凄まじく、一人で戦況をひっくり返しそうなほどでした。

 

そこに現れた羌瘣。
羌瘣は何か追い詰められた様子で、戦っています。

 

羌瘣は始めから全力で戦い、深い舞の状態になっているのはわかります。
しかし、それほど信が到着する前に結着をつけようとしているのは驚きででした。

 

羌瘣は以前の約束通りに信を守ろうとしたのでしょうか?
それとも、信と龐煖が戦うのに不安を感じたからなのでしょうか?

 

また古参の兵である尾平は、恐らく信と龐煖が戦うのに不安を感じて信の所へ向かっています。
同じ気持ちだとすると、信が龐煖に負ける可能性を考えている可能性が高いです。

ついに始まった龐煖との戦い。
信、羌瘣の龐煖との因縁の戦いはどうなって行くのでしょうか?

スポンサーリンク

【キングダム】最新話620ネタバレ「武神の咆哮」考察

 


スポンサーリンク

キングダム最新話620「武神の咆哮」 「621話以降の今後の展開の予想」

前々からが色々な伏線が見られた龐煖との戦いですが、しばらくはこの戦いが続くと思われます。

以前今回の戦いで龐煖が探している答えが解けると李牧は伝えており、龐煖の最後の戦いである可能性が高いでしょう。

歴史的にも龐煖が今回の戦いの後に記録から消えているので物語上も問題ありません。

しかし、戦い自体の流れは、どうなるのかははっきりとは分かりません。

 

龐煖は信の戦っている気配から王騎感じて、朱海平原に来ています。
やはり信と龐煖の因縁の戦いがあるでしょう。

ただそうなると羌瘣と龐煖の戦いの行方はどうなるのでしょうか?

 

羌瘣の深い状態での舞が龐煖にどこまで通用するのかわかりませんが、深い分持続時間が短いです。
それに気づいた龐煖が持続時間内まで龐煖が羌瘣の舞の力を耐え、その後反撃するのではないでしょうか?

その時に信が到着するように感じます。
羌瘣はその後の歴史に登場している人物なので、おそらくやられるとは思いませんがあまりにも強大な相手のため少し心配です。そこにも注目ですね。

 

そして、今回の戦いで信は龐煖とは三度目の戦いです。
しかし、前回より5年ほどたっており、更に王騎の矛を持っての龐煖との初対戦

信は前回より力強化されており、負っている物も大きいです。
2人の間でどれほど力の差が縮まっているのかも興味深いでしょう。

また、尾平の動きも気になります。
ただ見に行くならこれほどの決意はいらないでしょうし、戦いに大きく関わる可能性もあります。

それが言葉による物か、玉砕覚悟で戦いに加わるのかが興味深い所。
その辺りも注意しながら、今後の展開が楽しみです。

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました